若い独身女性が既婚男性と不倫している要因として多く上げられるのが、「同世代の男性だと頼りが無い」「素敵で頼りがいのある男性を探すと何故か既婚者が多い」「経済力が安定しているし、リードしてくれるのは年上だから」と言う様に経済的、精神的にしっかりしている、頼りがいのある男性というのは既婚者である確率が高く、気が付いたら依存するような不倫になるという事なのです。
女性は幾ら強くなったといっても、実は自分が甘えられるような男性を求めていると言う事が言えますね。
男性からすると若い女の子と付き合えてセックスが出来る、変な理屈を並べられて面倒な事はないので嬉しいとなります。ただしあまりズルズル関係を持ってしまうと女性は被害意識を持ちます。特に気を付けた方がいいのが結婚適齢期と呼ばれる25歳~30歳ぐらいで、自分との不倫に費やさせてしまった場合、自分は結婚しなくてもいいから一生別れない、別れたら死ぬという感じでメンヘラのジョブチェンジする女性も少なくありません。
もし不倫相手を探すのなら20代前半の女性をターゲットにした方がいいでしょう。もし仮に不倫相手の女性に彼氏が出来たら、若い身体を逃すのは惜しいですが、そこは引き止めずに素直に別れましょう。リスクが小さな内に放棄しましょう。大きくなってからでは遅いのです。別れてまた別の若い女性と婚外恋愛すればいいだけです。